実力主義のIT業界

転職エージェントや転職サイトに登録しながら、現役のエンジニアやプログラマーとして活躍している人も多くいます。現状に不満を持ちながらの勤務を余儀なくされている人が多いことも事実といえるのではないでしょうか。エンジニアやプログラマーに求められるのは、斬新な発想力や豊かな創造力です。また、ネットワークサービスを駆使することが当たり前になった社会では、ネットワークを巧みに使いこなすことも必須事項です。新しいビジネスを立ち上げる際には、唯一無二のシステムやソフトウェア、ソリューションの開発力が求められます。IT関連企業や情報通信事業者にとっては、優秀なエンジニアやプログラマーを持つことで、企業収益のアップにもつながることになります。

そのため、この業界において、ヘッドハンティングが多いのも納得できます。転職エージェントや転職サイトからの情報に一喜一憂するのは、その当事者だけではありません。優秀な人材を待つ企業の人事部や人材開発担当者も同様です。ビジネスの成功を左右することにもなるだけに、多くの関係者が注目しているのです。卓越したスキルやノウハウを持つ技術者にとってみれば、自分を高く評価してくれる企業で活躍することを望むのも当然といえるでしょう。年功序列が崩壊した日本社会では、もはや転職によるデメリットはなくなりました。その反対に勤続年数によるアドバンテージもありません。実力がものをいいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です