管理職へのステップアップ

エンジニアの転職の限界は35歳と長らく言われていますが、多くのエンジニアが感じている限界年齢は50歳以上だと言われています。さらに技術者として続けたい年齢も50歳以上と考えている人が多いです。しかし、技術進化の速さに付いていけないのではないか、このまま仕事への意欲が保てるかなど、沢山の技術者が不安に感じています。技術職の中でも電気・電子・機械系はそのまま専門技術の道を極めたいと考える人が多い傾向にありますが、ソフト・ネットワーク系は管理職などに関心が向いていく傾向が強いようです。その半面、直接開発業務を行うことがなくなる管理職にどのような魅力があるのか不思議に思う人もいるかもしれません。

管理職になると今まで1人で作業を行い独占できていた成果は得られなくなりますが、その代わり成果をチームで共有する喜びを感じられます。管理職と言ってもプロジェクトマネジャーなどの専門スペシャリストや人事マネージャーなどの組織マネージャーなど様々な形態があります。1人でできることも多くありますが、得意なことは人それぞれ違うものです。それを生かすべくマネージメントすることは多様性が広がることになり、より社会に貢献できるのかもしれません。そしてエンジニアとしてのキャリアを最も伸ばしていける生き方を選択していくべきで、そのキャリアを伸ばすためには、転職も一つの方法です。転職する場合には、IT業界に特化した転職エージェントを選ぶと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です